会社の同僚のスキンケア

参考サイト→ローヤルゼリーとプラセンタサプリ

一昨年の今頃は、乾燥による肌のくすみと小さな皺に悩んでいましたが、今年の冬は水分と油分の良いバランスを保てています。
 私が冬の乾燥肌を招いてしまった原因は、スキンケアの時に肌を強くこすりすぎたことにあります。強い刺激は肌への大敵ということはよくわかっていたのですが、忙しいあまり冷たい手のままスキンケアをすることが、肌にダメージを与えていたのです。冷たい手のままメイク落としをすると、クレンジングが皮脂と馴染んでくれないので、結果的に強目に肌をこすることになります。また、皮膚が冷たいままだと固まった角栓や肌に付着した汚れがスクラブの様に肌を傷つけていたのです。そのことに気づかず、冬の肌の乾燥がひどくなり、そのあとの季節の肌トラブルに発展していたのでした。女性は冷え性になりやすいので、私と同じような失敗を重ねている人も多いのではないでしょうか。
 昨年からは、クレンジング、洗顔、スキンケアの際には手と顔を温めることを徹底して行っています。それによって、40代だから年齢的に仕方ないとあきらめていた目の周りのくすみや小じわを解消することができました!化粧水や乳液をつけるときにも、手を温めてから行うと、もちもち感が持続します。メイクの際も、温かい手で化粧下地をつけると、白浮きせず、ファンデーションもむらなくなじんでくれます。
 手遅れになる前に気づいてよかった、今は毎日の習慣としてスキンケア時には手を温めることから始めます。